乳児湿疹を防ぐには|可愛いベイビーをかゆみから守る

赤子

利用する場所に合わせる

ベビーカー

重さや使い勝手を重視

乳幼児とのお出かけはベビーカーが便利なアイテムです。抱っこ紐などを併用してベビーカーを利用すると、育児の負担がとても軽減されます。ベビーカーは各育児用品のメーカーが様々なタイプを販売しています。大きく分けてベビーカーのタイプは3つに分かれることが知られています。A型と呼ばれるタイプは新生児期から利用ができるものであり、背もたれがフラットになるのが特徴です。一方でB型はお座りが出来る用になったころから利用できるタイプになります。まだ腰がすわらない時期からベビーカーを利用したい場合には、A型から購入する必要があるのです。しかしながら、成長とともにA型からB型に乗り換えるのにわずか数か月しかなたいため、多くのメーカーはAB兼用のタイプを販売しています。AB兼用の場合には長く利用ができるため、購入費用の負担を軽減できます。ベビーカーを選ぶ際には、デザインや使い勝手が重要になります。電車などでお出かけをよくする場合には、混雑時やエレベーターがない場合には畳んで持ち運ばなければならない場合があります。この際にはあかちゃんを抱っこして、ベビーカーを持つため軽量なタイプがおすすめです。また、スーパーなどの狭い場所でも利用したい場合にはコンパクトで小回りが利く方が便利です。最近では片手で畳めるタイプやとても軽いものなども多く登場しています。また、畳んだ後に自立するアイテムであることも必要な条件です。