乳児湿疹を防ぐには|可愛いベイビーをかゆみから守る

家族

利用する場所に合わせる

ベビーカー

ベビーカーは利用する月齢によって、タイプに違いがあります。A型は背もたれがフラットになるため、新生児期から利用可能です。一方、B型は腰がすわったころから利用できるタイプです。兼用タイプもあることから、重さやデザイン、機能などから選択するとよいでしょう。

消耗品はネットで

赤ちゃん用品

通販サイトでは、数多くのベビー用品が販売されています。育児に忙しいママでも、通販なら簡単に商品を購入することが出来ます。赤ちゃんの成長を促すためにも、通販サイトで必要な商品を買い揃えましょう。

乳幼児に多い皮膚炎とは

赤ちゃん

日常的なケアが大切

乳児湿疹とは、新生児から乳幼児の赤ちゃんに多く見られる湿疹の総称です。赤ちゃんの肌はバリア機能が弱く非常にデリケートな為、湿疹ができやすいと考えられます。初めての湿疹に不安を抱くお母さんもいると思いますが、多くの場合自然に治まるので落ち着いて対処することが大切です。乳児湿疹の種類は数多く存在します。代表的なものとして、生後3ヶ月までに見られる「乳児脂漏性湿疹」や、その後一歳頃までに見られる「乳児乾燥性湿疹」があげられます。乳児脂漏性湿疹は赤ちゃんの顔や頭部に黄色いかさぶたや、フケのようなものが出てくる湿疹です。お母さんのお腹の中にいた時の影響もあり、皮脂が過剰に分泌されることで生じます。また、乳児乾燥性湿疹は乾燥により肌が炎症を起こし、痒みを伴う湿疹です。外気に触れると起こりやすいことから、顔や手足など露出している部分に多く見られます。保湿クリームなどで乾燥を防ぐことが大切です。その他にも、乳児湿疹の中には汗疹やおむつ被れ、アトピー性皮膚炎など様々あり、またそれぞれに原因があります。症状を見てそれに応じた対処をし、それでも改善が見られない場合には早めは病院へ行き受診してもらいましょう。このように、原因も対処法もそれぞれの乳児湿疹ですが、全てにおいて大切なのは肌を清潔に保つことです。顔に付着したミルクやよだれは、その都度やさしく綺麗に取り除き、オムツは小まめに交換するなど心がけることが大切です。

使用頻度の高いものです

赤ちゃん用品

ベビー用品の中でも抱っこ紐は、多くのお母さんが利用しています。最近では、お父さんも育児に参加するためのきっかけとして抱っこ紐が人気になっています。普通に抱っこするのと違って両手が空くのがメリットです。選ぶ際には実際に背負ってみることが大事です。